ペットの気持ちをもっと理解したい!
ペットともっと分かりあいペットライフを充実させたい!
そんなあなたに、
ペットとの話し方をお伝えする

ペットサイン入門講座



ペットと一緒に暮らし、ペットの行動を見ていると、
色々な疑問が浮かんできませんか?
例えば、


[check]何で特定の犬にだけ吠えるの?
[check]何で突然興奮して噛んでくるの?
[check]何でごはん食べてくれないの?
[check]何で擦り寄ってきたり逃げていったりするの?
[check]何で蛇口からしか水飲まないの?
[check]何で私とのお散歩の時は、リード引っ張るの?

また、こんなことも気になりませんか?

[check]ドッグラン、本当はイヤなのかな?
[check]同居のペットにちょっかいだされて迷惑なのかな?
[check]お洋服着てのお散歩は、本当はイヤなのかな?
[check]匂いの強いサプリメント、本当は飲むの嫌なのかな?

どうでしょう?一つくらい思いあたることはございませんか?
あなた自身がペットの気持ちや、問題行動の理由をペットに聴き、その返事がわかったら、とっても便利ですよね。どんなことに便利かと言うと、

[check]問題行動を解決できる
[check]問題を回避する方法を探しやすくなる
[check]飼い主があまり心配しなくてもいいことだとわかる
[check]飼い主の思い違いだったとわかる

そして、なにより、

[check]ペットが益々愛おしく感じる

ということです。


DSC_5349 (250x166)



では、いったいどんな風にペットの気持ちを聴くのか。
その方法は、ペットが出すサインを見たり聞いたりして、ペットの気持ちを理解する、

ペットサイン

という方法です。

ペットサインって何?


こんにちは。
【獣医師による講演会】主催者の高岡まちこです。

ペットサインについて少し説明させてください。

動物は、私達人間と違い、言語を使わない、ボディーランゲージなどの非言語の形で常に様々なサインを出し合い、やりとりをしています。
この動物たちが使う非言語のやりとりを、ペットサインといいます。

動物たちの非言語のコミュニケーションは、ペットの飼い主なら普通に実感出来ることだと思いますが、多くの飼い主さん達がご存知ないのは、

動物達の非言語のやりとりは、人間が考えているより、ずっと多く、きめ細かく、そしてバリエーションに富んでいて、我々の言葉によるコミュニケーションに負けないくらいであるということです。

非言語のコミュニケーション

言語を用いないコミュニケーションは、私達人間も日常行っています。

・目を大きく見開いて相手に合図する
・人差し指を立てて閉じた口の前に持っていき、静かにという合図をする

などはおやりになったことがあると思います。
スポーツの世界でも、団体でやるようなスポーツではサインを使うことがよくあります。
野球やバレーボールやサッカーでは、サインプレーは、当たり前のように行われていますね。

このように、我々にとっても便利なサインですが、弱点もあります。
それは
「サインを知らない相手とのやりとりに使えない」
という点です。

『静かに』のサインがわからない方に、『静かに』のサインを出しても、いっこうに静かにならないでしょうし、

スポーツでは事前にサインを打ち合わせておかないと、
試合でサインを出しても、何のサインなのか理解ができずプレーに支障がでます。

全く同じ理由で、
せっかくペットが飼い主に対してサインを出していても、
犬猫のサインを飼い主が知らなければ受け取ることができません。

もし、あなたが犬や猫の気持ちを理解し、対話したいと願うなら、
犬や猫特有のペットサインを知っておかないと、残念ながらペットの気持ちを理解することはできません。

ペットサインは難しいのか?


DSC_5674 (250x166)
ペットサインは、

・特殊な才能や能力を必要とせず
・超能力でも第六感でも霊感でもなく
・誰もが練習で身に付けることができる

方法です。
その方法をお伝えするため、
臨床経験が豊富にあり、たくさんのペット達や飼い主さんと接してきた、
伊藤大輔獣医師をお招きし、
ペットサイン入門講座を開催することにいたしました。

伊藤先生は、こんな方


都内の24時間動物病院で勤務医として勤務し、その後、
心臓病の犬猫を専門で診察している現役獣医師です。


画像の説明


診察のかたわら、ペット食育協会(R)上級指導士として、
ペット食育講座やオリジナルの講座を多数開催されています。


画像の説明


ここで受講をご検討中のあなたへ伊藤先生からのメッセージがございます。

こんにちは。伊藤です。

僕は獣医師として、これまで多くの飼い主さんに会ってきました。
その中で、動物の気持ちが分からない人もいっぱい見てきました。

・「尻尾を振ってるから喜んでいる」と、無遠慮に犬を触って噛まれる人
・おびえているペットを「この子は人好き」と無理矢理他人に接触させる人
・優しさと甘やかしの区別がつかず、ペットに操られ、わがままにさせる人
・本人が嫌がる服をいっぱい着せて、喜んで写真を撮りまくる人
・全然おいしそうじゃない謎の健康薬膳料理をペットに強要する人
・動物病院でパニくった愛猫に噛まれ、自分が病院へ向かう羽目になった人

例を挙げればキリがありませんが、何よりやっかいなのは、上記の人の多くが、自分が動物の気持ちが分からないことに気づいていないことです。
むしろ「飼い主だし、自分はウチの子の気持ちが分かっている」と勘違いしています。
あなたは大丈夫でしょうか?

「ペットの気持ちになって考えてみて下さい」

と、僕は診療やセミナーなどで、いつも伝えています。
飼い主が悩んでいる時、たいてい当の本人である「ペットの気持ち」は置き去りになっています。
悪意は無くても視野が狭くなるため、自分のことしか見えなくなるんです。

ペットサインは「ペットの気持ち」を知るための強力な道具です。
一旦身に付ければ、動物とのコミュニケーションの質と量が格段に変わります。
職業的に数万頭の動物を見てきている僕でも、このペットサインを学んだ後、動物の感情が更によく分かるようになり、以前の自分はまだまだ動物の理解が浅かったと痛感しました。
きっとあなたも、同じように感じるはずです。

究極的には、どんなごはんやサプリや医療や健康法より、良質なコミュニケーションの方がペットとの幸せな暮らしに重要です。
そして、あなたのペットは、あなたの想像以上に多くのメッセージを送り、あなたに受け取ってもらえるのを待っています。
その思いをしっかりと受け取り、深いコミュニケーションを取れるようになったら、愛犬・愛猫はより幸せになるし、あなたも更にペットとの暮らしが楽しくなると思いませんか?

あなたのご受講を心よりお待ちしております。

伊藤大輔





その伊藤先生から、ペットサイン入門講座でどんなことを学べるのか、ご紹介していきたいと思います。

どんなことを学べるのか


ペットサイン入門講座内容と募集要項をご紹介します。

【講座内容】

・動物と話すとはどういうことか
・ペットサインとは何か
・ペットサインの例
・動物と話せるメリット
・動物との暮らしで、飼い主が後悔する時
・あなたにもできる、世の中の動物を救う方法
・ペットのプロに必須の能力とは
・動物との対話に必要なもの
・多くの人が見落とす、動物の観察点
・一流のしつけの先生の特性を身に付ける方法
・ペットサインを扱うための、飼い主の心構え
・動物と話せなくなる落とし穴
・ペットサイン習得の手順
・論より証拠 ペットサイン実演

2時間半の講座になりますが、ペットサインの理論も実習も含んだ盛りだくさんの内容となっております。

しかしながら、
ペットサインはたいへん奥が深いので、入門講座だけで全てをお伝えることは時間的に無理です。

そこで、もっと詳しく学びたい人向けに、その先の講座もあり、更に学びを深めていただくことができます。

講座終了後に少しその辺りの説明もしますが、無理矢理勧誘したりはいたしません。その点はどうぞご安心下さい。




日程と受講料を今からご案内いたします。

【募集要項】
★日時:5月20日(土)13:00~15:30
★場所:千葉県船橋市 船橋駅から徒歩5分の会場
★講師:伊藤大輔
★主催者:高岡まちこ

★受講料 8640円(税込)(事前振込)
※ペットサイン協会の講座となるため、受講料は一律とさせていただきます。
★募集人員 30名
★ペットを同伴しての受講はできませんので、あらかじめご了承ください。
★ご入金後のキャンセルの場合、受講料は返金いたしかねますのでご注意ください。


この講座は、愛犬愛猫の気持をよく理解して、ペットライフをもっと楽しく充実させたい飼い主様向けのセミナーです。


また、お隣同士の受講生様との自己紹介タイムもございます。
そのため以下のような方にはお役に立てないと思います。

●他のご参加者と良い時間を過ごす事に非協力的な方。
●故意に進行を妨げる方
●持論の展開がお好きな方


DSC_8690 (400x267)




よくあるご質問を以下に掲載します。ご質問がある場合は、ご参考にしてください。


【よくある質問】

Q:ペット食育講座を受講したことがありませんが、参加できますか?
A:もちろん、ご参加いただけます。

Q:何か販売されるのではと心配です。
A:商品の販売や、何かの勧誘は致しませんので、ご安心してお申し込みください。

Q:個人情報はどうなるのですか?
A:受講生様方の個人情報は、主催者のみが管理し、他者との共有はいたしませんので、ご安心ください。

Q:アニマルコミュニケーションと同じですか?
A:いいえ違います。ペットサインは、直感や潜在意識を使うやり方ではございません。




【お願い】
★講演内容と募集要項をよくお読みの上お申込みください。
★仮押さえはご遠慮ください。
★ご入金後のキャンセルに関しては返金を行いませんのでご注意ください。
★あなた様の個人情報保護のためSSL通信のフォームを使用しております。
↓↓↓
>⇒お申込みページ

≪追伸≫
私は老齢期のチワワ4頭の多頭飼いです。

今回のセミナーで、自分の愛犬達が出しているサインを、もっとよく見て、もっとわかってあげられるようになれば、自分も愛犬達も、楽しく、そして穏やかに過ごしていけるとワクワクしております。

あなた様もうちの子との生活を、今より楽しくさせたいとお考えでしたら、是非ご参加くださいね。お申込みお待ちしております。

主催者 高岡まちこ
>⇒特定商取法に関わる表記

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM