ペット食育協会(R)主催

【ペット食育2級認定講座】

大切なペットに長く健康でいてもらうために、与える食事に関する専門的な知識を身に付けませんか?

もっと学びを深めて、

飼い主力をワンランクアップ!

2級認定講座で学ぶと、ペットの食事の全体像がわかるため、

普段のペットの食事の世話の裏付けとなり

根拠のないネット上の書き込みに、不安を感じることなく、

ペットの生涯にわたる食事・栄養に自信が持てます


こんにちは!ペット食育上級指導士の高岡まちこです。


ペット入門講座よりステップアップした2級認定講座は、

【健康なペットと暮らすためのより専門的な基礎知識】

を学んでいただけます。
ペットの食事についてもっと学びたいあなたに、ピッタリの内容です。


千葉県船橋市の開催日程 
7月6日(木)、13日(木)の二日間
10:00~17:00(お昼休み1時間)
★講座内容・募集要項を必ずお読みくださるよう、お願いいたします


【健康なペットと暮らすためのより専門的な基礎知識って、いったい何?】

ズバリ、ペットの食事の基礎知識って何なのか?ご説明しますね。


それは、



●栄養学
●ペットフード
●犬と猫の食性
●ライフステージ別の食事

の知識となります。

入門講座受講後、順調にペットに食事を与えていたとしても、

近所の人や、ブログ仲間や、ネット上の書き込みで、

などと言われたり、目にしたりすると、

『大丈夫だとは思うけど、そう言われると、心配になってしまった』




なんてことは、ございませんか?
そして、
何度も、何度も、言われたり、目にしてしまうと、

『華麗にスルー』

したくても、気持ちが重たくなってしまいませんか?

基礎知識で実践を裏付ければ、気持ちも重くなりません。

【基礎知識があれば自力で解決できる】

ペットの食事にまつわることで、今まで、自分が聞いたことのないケースに遭遇した時でも、2級講座で学ぶ、栄養学の基礎知識を元に自分で考えて結論が出せるようになります。

例えば、

『犬や猫に1度に2種類以上の肉や魚を与えてはいけない』

という書き込みを見たとしましょう。

栄養学の基礎知識があれば、

・タンパク質のことを言っているな、とわかり、

・タンパク質はアミノ酸で構成されているから、
体内に取り込む時は、アミノ酸になっている

・それならば、大丈夫!今日はお魚だけだと足りないから、
足りない分は、お肉で調節しよう♪

と言う風に、自分で考え解決できます。


【ペットの生涯も長い】

改めまして、ペット食育協会上級指導士の高岡まちこです。
画像の説明


私は現在、16才の子を筆頭にシニア期のチワワ4頭と暮らしており、
手作り犬ごはん歴は、12年半(2017年1月現在)となっております。

犬も猫も、10年、15年、20年の命があります。
人間の寿命に比べると、はるかに短いです。

ですが、この10年~20年、人間にとっても長いですよね。

この間に、ご家庭ごとに、色々な出来事があると思います。

・お子さんが生まれた
・家族が入院した
・家族の介護が始まった
・旅行に行く

私も犬を飼い始めて早16年、家族の入院、そしてお別れも経験しました。



生活環境が変われば、おのずとペットとの時間や接するタイミングも、どうしても変わりますね。


家族が入院した時は、私は、すでに、手作りも実践していましたし、ペットの食事の基礎知識も習得していました。

そのため、その状況になっても、

・愛犬達の食事はどうしよう

という心配は一切ありませんでした

・愛犬達を預ける時は、このフードで

・病院にお見舞いに行く日の朝はフードで、夜は手作りで

・フードが続いたから、水分たっぷりの手作りごはんで


と、いう風に、状況に応じてフードと手作りを併用しました。
家族の入院中、ふだん通り世話することができませんでしたが、おかげさまで、愛犬達が体調を崩すということは、ありませんでした。

今、振り返ると、家族の入院だけでも心配事が多いのに、
更に、愛犬の食事のことも心配していたら、もっと大変だったと思います。

普段と違う状況に対応できたのも、それまでの食事の世話と、基礎知識があったからこそだと思っています。

ペット自身も年を重ねる

ペットも生き物ですから、当然、年齢を重ねていずれ老齢期になります。
例え病気でなくても、

・今までと同じ量の食事を食べていても、体重が減る
・一回に食べる食事量が減った
・歯が抜け、少なくなってきた

ということもあり得る話ですし、その時に、ペットの食事の基礎知識があれば、慌てず冷静に状況に対応できます。

そして、ペットが万が一病気になっても、食事療法に通じるペットの食事の基礎知識を持っていれば、それぞれの病気の食事療法の理解も早くできます。(食事療法については、1級講座で学べます)

そのため、あなたも、何もないうちに、ペットの食事の基礎知識の習得しておかれることを、お薦めします。


【ペットが安心できる飼い主でいるために】

ペット達は、人間が思っているより、よく飼い主を見ています。そう思ったことございませんか?
繰り返しになりますが、私は、現在4頭のシニア期の犬と暮らしています。
そのため、愛犬達が若い頃より、環境や状況に対応しにくくなっているのも、肌で感じています。
なるべく、いつもと同じ飼い主がいいのです。

ペットも自分の食事のことで心配な表情の飼い主よりも、自信をもった飼い主の、『良い表情』を見ていたいでしょうし、飼い主としても、どんな時もペットには、笑顔で接したいですよね。そのためにも、学びを深めておいては、いかがでしょうか。

【どんな内容を学べるのか】

それでは、どんな内容を学べるのか、ご紹介しますね!

2級講座は、

・入門講座の6倍の12時間(6hx2日)の講座

になります。

その分、入門講座よりも、はるかに専門性の高い多くの内容を学んでいただけます。


IMG_8921 (400x300)


(必ずお読みくださるよう、お願いいたします)



講座内容

【第1章 手作り食】
入門講座の内容を復習しながら、入門にプラスアルファした内容を学んでいただけます。

▼手作り食のメリット
▼手作り食の給餌量・内容・作り方
▼手作り食のコツ
▼よくある手作り食の疑問
▼レシピ紹介
よくある手作り食の疑問は、入門講座の時よりプラスアルファとなります。

例を挙げると、

・ミネラルウォーターの飲むと結石になる?
・手作りごはんだと、顎が弱くなる?
・手作りごはんだと、歯石が付きやすい?

などです。


ここを学ぶと、手作り食に更に自信が深まり、
・残り物食材を無駄なく使う方法
・コストダウンの食材なども紹介しますので、手作りのレパートリーも増えます。

【第2章 犬・猫という生き物】

かわいいペットの犬や猫♪
でも、
犬や猫は、元々どういう動物なのか?を学んでいただけます。

▼犬・猫の食性
▼嗜好
▼空腹・満腹になる仕組み
▼飲水量の調節の仕組み

例を挙げると、
・犬と猫の手作り食の食材の割合が違う理由
・愛犬がなぜ大食いなのか
・食事の回数はどうするべきなのか
・どんな時にお腹が空くのか、満腹になるのか
・どんな時に喉が渇くのか

などです。

犬猫が、元々どういう動物なのかを理解することで、
・ペットが特定の食材を残した時でも、この学びから理由を考えられたり、
・『うちの犬の胃には、底がないのでは?』という疑問も晴れたり、
・好き嫌いのあるペットにも、嗜好性を考慮して食事を与えられます。

【第3章 栄養学】

栄養学は幅の広い学問です。
確実に押さえておきたいポイントをお伝えします。

▼栄養と栄養素
▼栄養学と手作り食
▼エネルギー・酸素・水分
▼糖質
▼たんぱく質
▼脂質
▼ビタミン
▼ミネラル
▼食物繊維

例えば、

・栄養と栄養素の違い
・栄養バランスって、そもそも何?
・6大栄養素の働き
・糖質・たんぱく質・脂質は、どんな構造なのか?
・糖質・たんぱく質・脂質は、体内に吸収される時は、どういう状態なのか?

などです。

ここを学ぶと、ペットのみならず人間の食生活にも役立ち、ペットフードの表示の見方にも役立ちます。

【第4章 ライフステージ】

ライフステージごとの、

  • 食事のポイント
    について学びます。

    ▼母犬、母猫
    ▼子犬、子猫
    ▼成犬、成猫
    ▼老犬、老猫
    画像の説明



    例えば、
    ・それぞれ、どんな時期なのか
    ・メニュー考える時に栄養学的に気を付けるべき点
    ・給餌回数
    などです。

ここを学ぶと、ペットが老齢期になった時のみならず、急に子猫を保護したなどという時にも、役立ちます。

【第5章 ペットフード】

ペットの食事として一般的なペットフード。
ですが、フードの歴史やフードの捉え方や表示の見方を学ぶ機会はなかなかないです。

『総合栄養食』の本来の意味
・そもそも、フードはどういう考えで製造されているのか
・ペットフード安全法が制定された背景
ペットフードの表示の見方・意味

を学びます。
▼ペットフードの歴史
▼ペットフードの種類
▼アメリカ・日本のペットフードの捉え方
▼ペットフード安全法
▼ペットフードの表示




ここを学ぶと、
・飼い主が思い描いている『総合栄養食』と、本来の意味の違いが理解でき、
・そもそも、フードはどういう考えで製造されているのか
・ペットフード安全法が制定された背景
・ペットフードの表示の見方・意味を学ぶことによって、日本のペットフード事情も理解でき、ペットフードに詳しくなるだけでなく、きちんと袋の表示を見てフードを選び、購入できるようになります。

【第6章 犬・猫の栄養要求量】

ペットフードの基準値についてお伝えします。
犬・猫のエネルギー要求量や養分計算の方法をお伝えし、実際に計算もしていただきます。



▼ペットフードの基準値
▼エネルギー要求量
▼犬・猫の養分要求量
▼AAFCO基準からの栄養素計算




IMG_0432 (380x285)
ここを学ぶと、フードの給餌量がどのように算出されているのか理解できます。更に、

『うちのわんこ2.6キロなんだけど、正確な給餌量は何グラムなのかな?』

という、袋の記載に表示のない体重の子の給餌量も自分で計算できるようになったり、

『おやつはエネルギー要求量の20%にしましょう』
の計算もでき、意味も理解できます。

ペットフードのことを学ぶと、ご自身の手作り食についても、自信が深まります。

【認定試験も行います】

2級講座はペット食育協会の認定講座として、講座終了後に認定試験を行います。
試験は通信制ですので、試験のために再び会場に集まる必要はありません。

試験に合格すると、ペット食育協会(R)より

[check]2級講座修了認定がなされ、
[check]認定書が送られます。
[check]修了試験合格後1級講座の受講資格が得られます。



入門講座の6倍の12時間、お伝えする内容もグッと高度になったのが、おわかりいただけましたでしょうか。

私、高岡の2級講座は、しっかり理解し、質問もしやすいように少人数(定員6名)で開催しております。更に、

[check]4頭のシニア期の愛犬を飼育中で、
[check]4頭分の12年の濃い手作りごはん歴もあり、
[check]繁殖経験もあります。



そのため、



[check]実生活に役立つようにお伝えするとともに、
[check]わかりやすく、
[check]『楽しく』『和気あいあい』に進行していきます。
画像の説明




いかがでしょう。

非常に盛りだくさんの充実した内容を学んでいただける講座であることが、多少なりとも伝わったでしょうか。


ペットフードやペットの栄養学だけならば、数万円の通信教育で学ぶこともできますが、通信教育は、自宅で空いた時間に勉強できる便利な反面、モチベーションを維持していかなければならず、疑問点が出ても、すぐに回答は得られません。


まして、ペットたちにも性格、体調、年齢、好き嫌いといった個々の特徴がありますから、それを通信教育のみで理解度を深めるのはなかなか難しいと思います。


ペット食育2級講座は、会場に集まって直接講義を聞くため、モチベーションも下がりにくく、集中的に学びを深めたい、不安を取り除きたい、悩みを解消したいという飼い主さん達と一緒に学べ、疑問もその場ですぐに解消できます。


ぜひ、対面講義で同じようにペットを愛する人たちと一緒に学んでみてください。

知識の吸収力がアップすることも去ることながら、きっと1人で学ぶのとは比べものにならないほど楽しみながら、教科書からでは得られない発見もたくさん見つけることができると思います。



それでは、開催日や受講料のご案内をお伝えいたします。



2級認定講座募集要項

講師:高岡まちこ

≪日  時≫

★7月6日(木)、13日(木)の二日間
10:00~17:00(お昼休み1時間)


≪場  所≫
千葉県船橋市 JR・東武 船橋駅より徒歩7分、京成船橋駅から徒歩5分の会場
(お申込をいただいた方に会場の詳しい場所をお知らせいたします)


≪受講料≫
2日間で27,000円(テキスト代、認定試験料、税込)

・再受講料 12、960円(税込)

※受講料のお支払は、

  • Paypalによるクレジットカード決済
  • 銀行口座
  • 郵便口座
    のいずれかで、
    指定期日までにお手続きをお願いいたします。
    (お振込みの手数料はお客様ご負担でお願いいたします)
    指定期日までにお振込み、またはPaypal決済が確認とれない場合は、
    ご連絡先に連絡させていただく場合がございます。

≪定  員≫
6名 (2名様より開催します)

《受講資格》
入門講座(旧体験講座)を受講された方

≪注意事項≫
[check]この講座の受講に際して、
ペット食育協会(APNA)の、
著作権・商標権などの権利を侵さないことを、
お約束頂く「協会からのお願い」
へのサインを頂いております。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://apna.jp/request/index.html

[check]ペットを同伴しての参加はできません。

[check]2級認定講座からの受講はできません。
2級講座の受講資格は「入門講座を受講された方」になります。
互いのカリキュラムは関連しあっておりますので、あなた様の正しい理解のためにもこのような受講の順番にさせて頂いております。
どうぞご了承下さい。

[check]受講生様のご都合により、キャンセルされた場合、お振込みいただいた受講料の返金はいたしませんのでご注意ください。

[check]会場には駐車場がございません。公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい

[check]個人的な録音・録画はお断りいたします。




お申込の際は、講座内容・募集要項をご確認の上、
下記お申込ページより、ご入力お願いいたします。
あなた様の個人情報の保護のためSSL通信を利用しております。

>⇒お申込みページへ

  • 電話番号は、
    講座当日連絡のつく電話番号をご記入願います。
  • 携帯からのお申込みの場合、docomo、ezwebのドメインは、こちらからのメールが届かない場合が多いです。
    gmailやyahooなどのアドレスをお持ちでしたら、そちらのアドレスからお申込みをお願いいたします。
  • 申込後48時間以内に申込受付メールが、届かない場合、迷惑メールフォルダーをご覧いただくか、恐れ入りますが再度入力をお願いいたします。




ご参考に、これまでに受講して下さった飼い主様の感想文をご紹介いたします。是非、お読みください♪

受講生の感想

●一番わかりやすかった!

★今までも他の団体や学校でペットの栄養には勉強しましたが、ペット食育協会(R)の講座が、一番わかりやすかったです♪
今までぼんやりと知識だけありましたが、理解が深まり自身も付きました!

(東京都 H・A様 愛犬チワワ)

●知る知らないで見えてくる世界がこんなに違う
楽しくわかりやすいお話で2日間頑張れました!!
知る知らないで見えてくる世界がこんなに違うのかと…
犬達を守れるのは飼い主なんだと改めて思いました。

●手作りごはんが、なぜ、安心・安全なのかわかった!

★2級講座で、なぜ手作りが安心・安全なのかということを、詳しく学べて大変勉強になりました。手作りを続けていきたいと思います!

(千葉県 W・E様 愛犬トイプードル)

●知っているようで、知らなかったことの知識を得られた!

★今まで、自分が知っていたようで、知らなかった、
犬猫の食性や栄養についての知識を得ることができ、
今後のごはんを作る上で、大変役に立ちました。

ペットフードについても、
今後は自分でしっかりと見極められるようになり、
とてもよかったです。

(千葉県 H.K様 愛犬チワワ)

IMG_8935 (400x300)

●勉強した上で作る手作りは、違ってくると思う!

★なんとなく手作りをしているのが嫌で、今回参加しました。
基本的な栄養学をわかりやすく教えていただき、助かりました。

栄養学を知った上で作る手作りは、違ってくると思います。
2日間、わかりやすくありがとうございました

(熊本県 S・S様 愛犬Mダックスフント)

●ペットのみならず、家族全員の食事への配慮になる!

★栄養学を学んで、ペットだけでなく、家族全員の食事への配慮になります。そして、フード購入時の目利きにも活かせます!

(千葉県 K・N様 愛犬トイプードル)

●栄養について、改めて学ぶ機会となり、ペットフードの内容・表示・法律もまとまって学べました!

★内容もとっても面白かったですし、お話の例えが楽しくて、わかりやすかったです。ペットフードについても詳しく知れたので、よかったです!

(東京都 M・C様 愛猫ミックス)

●今まで何となくあった知識が、確信したものになりました!

★学校で栄養学も学んだのですが、何となくあった知識が、確信したものになりました。例えがわかりやすく、日常的な知識になる内容で、とっても良かったです♪

(千葉県 I・N様 愛犬ミックス&愛猫ミックス)

●ペットフードの表示の見方がわかって勉強になった♪

★ペットフードの表示の見方が、よくわかって勉強になりました。受講してよかったです。犬と猫の食性も勉強になり、手作り食に役立てて活きたいです♪

(千葉県 K・E様 愛犬トイプードル)

●フードの製造方法・表示の見方が勉強になった♪

★普段知ることのない市販フードの製造方法や、栄養表示の見方を知ることができ。勉強になりました。
食事として、口から取り入れたものが体内の消化器官を通って、栄養になるまでの過程を学べたことは、とても大きな収穫でした。ありがとうございました。(千葉県 Y・Y様 愛猫 ミックス)

●自信を持ってごはんを食べさせられる、幸せ♪

興味深い、ためになる内容で、楽しみながら学習できました。
手作り食の良さがわかってよかったです。
講習期間中に手作りに切替え、愛犬のカラダの変化を実感し、驚愕いたしました。
自信をもってごはんを食べさせられるので、本当によかったです。
愛犬達も喜んでいるのを見るのも、とても幸せなことだと感じています
(千葉県 S・M様 愛犬 チャイニーズクレステッドドッグ)

●大切なワンコのための学びが、自分にとっても役立つもの♪

★ずっと気になっていた栄養のこと。『色々な物を食べさせていれば大丈夫』という答えに、納得し安心しました。大切なわんこのことを思って学んだ、この二日間は、自分にとっても本当に役立つものでした。どうぞ、ありがとうございました。(東京都 K・Y様 愛犬 チワワ)

●内容が濃く、質問にも丁寧に答えてもらい理解できた♪

★内容が濃くて難しいと思えるところもありましたが、わかりやすく説明していいただいたり、質問にも丁寧に答えていただいて、理解することができました。なにしろ、あっという間の12時間で、とても楽しく勉強できました。ありがとうございました。(千葉県 T・Y様 愛犬 柴犬)

●より良いフードの選び方がわかった♪

★栄養バランスが大事だと思っていたのですが、今回、極端な食べ方でなければ、さほど気にすることがないとわかって、気楽に手作りをしていこうと思いました。自分の愛犬にとって、より良いフードの選び方がわかって、よかったです。(千葉県 T・E様 愛犬 ミックス)

興味深い内容で、楽しかったし、わかりやすかった♪

★とても興味深い内容で、楽しかったです。説明もわかりやすかったです。お店のメニューにも、手作り犬ごはんを加えていきたいので、がんばります!
(千葉県 K・A様 愛猫 ミックス)

●内容が濃く、みっちり勉強した気がする♪

★思っていたより内容が濃く、みっちり勉強した気がします。漠然と手作りをしていましたが、また、考え方が少し変わった気がします。他にも色々な食材を使ってみようと思うし、ドッグフードやおやつ類の成分表示も、気にして見ようと思います。大いに役立てたいです。(愛犬には)いつまでも健康で長生きしてもらいたいです。(千葉県 Y・A様 ラブラドールレトリーバー)

●フードの表示の見方、考え方が理解できた♪

★ペットフードの表示事項の見方や考え方が理解できてよかったです。保護犬もいるので、とても参考になりました。(千葉県 K・N様 ゴールデンレトリーバー)

●ペットにも安全で美味しい物を与えられそう♪

★講座で基礎を学んだことで、ペットにも安全で美味しい物を与えることができるように、なれそうなことと、自分の不安も解決できたので、よかったです。(東京都 M・A様 マルチーズ)

●堅苦しくない講座♪

★計3日間の2級講座ありがとう御座いました。
高岡先生の講座は堅苦しくなくゆっくりと進めて頂いてとても分かりやすく良かったです。
色々な情報の流れる中、正しい事を自分で判断することが難しいですが今日まで学んだ事をこれからの食事にいかして、うちの子と一緒に頑張れたらなぁと思っています。
今日は本当に先生をはじめペットの手作り食の理解のある方達と時間を共有することが出来てとても楽しかったです。
(東京都 M・T様 チワワ)

●今まで知らなかった、ペットの食事関連や栄養のことが勉強になった♪

★今まで知らなかったペットの食事関連や栄養のことなど、とても勉強になりました。今後のペットとの生活に役立てたいと思います。
(千葉県 I・M様 エアデールテリア)





よくある受講前のご質問を掲載いたします。同じような疑問点がございましたら、こちらでご確認ください。

よくある受講前にご質問
Q:長時間集中して勉強する自身がないのですが

A:受講生様のほとんどが、そのように思われて受講なさっていらっしゃいますが、講座の進行は、
・1時間おきに休憩
を設けながら進行しております。そのため、席を立って気分転換もはかれます。個人的なご感想にはなりますが、時間のたつのが早いと声を多く頂戴しております。



Q:入門講座受講後、手作りをやっていないのですが、受講可能ですか?

A:もちろん受講していただけます。フードの表示の見方も内容に含まれておりますので、お宅のペットにピッタリのフードを探せるようになります。



Q:内容が難しそうなのですが、話についていけますか?

A:はい、大丈夫です。入門講座より高度な内容なのは確かですが、わかりやすくお伝えするためと、質問もしやすいように、少人数(定員6名)で開催しております。また、きちんと理解できているかは、認定試験でご確認いただけます。今までの私の講座を受講して下さった受講生様は、みなさん合格されています。



Q:入門講座を受講していないのですが、2級認定講座の受講はできますか?

A:いいえ、できません。各講座は、学ぶ順番を考慮して作られているため、順番通りに学んでいただくようになっております。ご了承お願いいたします。また、2級講座の前に入門講座があってよかったと、ご意見も頂戴しています。入門講座からの受講をお願いいたします。



Q:ウチのペットの病気によい食事について学べますか?

A:いいえ、残念ながら、2級認定講座は病気の食事の内容は入っておりません。食事療法にも通じる大事な基礎部分をお伝えしております。食事療法を身につけるためには、2級で基礎を学んでから、1級認定講座で更に高度な内容を受講していただいております。



Q:協会からのお願いへのサインとはなんですか?
A:ペットの食育情報が、間違った形で広がることを防ぎ、今後も安定して受講生様に確かな情報をお伝えするため、ペット食育協会の著作権・商標権を守るために、サインをいただいております。以下をご了解の上、お申し込みくださいますよう、お願いいたします。
http://apna.jp/request/index.html





Q:何か販売されるのでと、心配です
A:いいえ、いたしませんので、ご安心して受講して下さい。



Q:都合の悪い日があり、すべて受講できないのですが

A:基本的には、連続で受講が出来る状況での受講をおすすめします。振替受講は、理解が中途半端になりやすいので推奨はしていません。



Q:手作り食と栄養学だけ受講したいのですが?可能ですか?

A:いいえ、できません。2級講座はペットの食事の基礎知識を学ぶための、カリキュラム構成となっています。一部だけ学ぶことは、理解が不十分になるため、一部の内容だけの受講はできません。ペットフードのことを学ぶと、ペットフードに詳しくなるだけでなく、手作りごはんにも、自信が持てます。




お申込みページは以下
↓↓↓

>⇒お申込みページへ

  • 電話番号は、
    講座当日連絡のつく電話番号をご記入願います。
  • 携帯からのお申込みの場合、docomo、ezwebのドメインは、こちらからのメールが届かない場合が多いです。
    gmailやyahooなどのアドレスをお持ちでしたら、そちらのアドレスからお申込みをお願いいたします。
  • 申込後48時間以内に申込受付メールが、届かない場合、迷惑メールフォルダーをご覧いただくか、恐れ入りますが再度入力をお願いいたします。





≪追伸≫

長い文章、最後までお読みいただきありがとうございます。

入門講座受講後、ペットの食事に関して、新たな疑問が湧いてきた場合、基礎知識があれば、自分で解決していけます。
それができるようになれば、ペットの食事に関してブレにくい飼い主になります。
それは、大切なペットにとっても嬉しいことです。

また、2級講座の内容は、飼い主様の食事・健康にも役立つ内容です。
ペット同様、いや、それ以上に人間の健康情報も出回っています。

いったい、どの情報が、自分にとって、家族にとって有益なのか?

ペットの食事のみならず、あなたやご家族の食事を作るための基礎知識にもなります。
あなたもペットも、もっとイキイキ健康生活を過ごされることを願っております♪
高岡まちこ

あなたもペットもハッピーライフを過ごせますように♪
ペット食育協会

高岡犬ごはんブログ

}}

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM